Invescoの社内新聞に写真を提供しました by yota yoshida

やったぜ。

IMG_1341[4].jpg

かなり有名な投資会社なので、名前を聞いたことがある人もいるんじゃないでしょうか。世界20ヶ国以上で活動し、9736億ドルの資産を運用し、7000人以上の従業員を抱える(らしい)Invescoさんです。その社内新聞を作成する外部のデザイン会社よりオファーがあり、今回写真を提供することとなりました。依頼を受けていたのがこの写真だけに、ネガティブな文脈で使われるんじゃないかと少し心配していましたが、"Giappone, tra bouna teoria e bouna paratica" = 「日本、良い理論と良い実践の間」というタイトルだったので少し安心しました。本文読んでないけど。ちなみになんでイタリア語かというと、この社内新聞はInvesco全体のものではなく、イタリーとエゲレスを中心に4000部以上関係者に配られるものだからです。また、ありがたいことに今回はお気持ちばかりのギャラも頂いたので、これでようやく家族に白いご飯を食べさせることができます。まだ振り込まれてないけど。そんなこんな。

去年買った写真集リスト by yota yoshida

去年はベスト3だったので、今年もとりあえずベスト3。個別での順位、感想はなし。

DSCF8691.JPG

SLEEPING BY THE MISSISSIPPI(2004) - Alec Soth

Animals(1969) - Garry Winogrand

Pictures From Home(1992) - Larry Sultan

購入したものは以下の通り。去年は一昨年に比べたら少なかったです。
El porqué de las naranjas / Ricardo Cases
Provisional Arrangement / Martin Kollar
SLEEPING BY THE MISSISSIPPI / Alec Soth
Animals / Garry Winogrand
Trace of Fog / Yuki Abe
Evidence / Larry Sultan and Mike Mandel
Pictures From Home / Larry Sultan
The Yellow River / Zhang Kechun
ZZYZX / Gregory Halpern
European Eyes on Japan/Japan Today vol.16 / Alexander Gronsky & Nina Korhonen
Fluffy Clouds / Jurgen Nefzger

偏っているようで偏っていない気がします。なんとなくですが、少しずつ好みが変わってきているのかもしれません。何かオススメの写真集があればTwitterなり何なりでこっそり教えていただければ嬉しいです。日本の写真集をあまり買わないのは、好みの問題もありますが、単純にあまり知らないというのもありますので。あと、どこで写真集を買っているのか聞かれることがたまにあるんですが、そういう需要があればそういう記事を書くのもありかななんて思っています。需要はないかもしれないですけど。写真集に限らず、今年はもう少し本を読むようにしたいです。去年もそのつもりだったんですが、後半はあまり読まなくなってしまったので。そんなこんな。

SLEEPING BY THE MISSISSIPPI / Alec Soth by yota yoshida

#21 SLEEPING BY THE MISSISSIPPI / Alec Soth

DSCF8693.JPG
DSCF8697.JPG
DSCF8698.JPG
DSCF8703.JPG
昔からベッドが大好きで、子供の頃、私のベッドは宇宙船でした。安全に夢や空想の世界を探検できる場所です。 幼少期はひとりで過ごすことが多く、空想の世界を創り出し、要塞や架空の友達を思い描いていました。頭のなかに豊かな世界を思い描いていたのです。一般的に写真とは、自分の外にある世界を写し出すものですが、そこに私の内なる世界を写しこませようとしています。だからこそ、プロジェクトのタイトルを『SLEEPING BY THE MISSISSIPPI』にしました。それは、外側の世界であると同時に、私のなかにある夢の世界を表しているのです Alec Soth

発売前から予約していたので、手に入れてから数ヶ月経ってしまいました。何度か見返してはいますが、まだ言葉にそれを落とし込めそうにありません。

ND Awards 2017のStreet Photography カテゴリーで 1st Placeをいただきました by yota yoshida

やったぜ!

アート系というかビジュアルの美しい写真が多く選ばれるこれ系コンペ(私見)で、自分のプロジェクトがStreet Photographyカテゴリの1位を取れるなんて全く想像していなかったので、まさかのまさかという感じで大変驚きました。ND Awards出したの初めてでしたしね。あーびっくりした。しかしこうやって選ばれて改めてじっくり他の人のと比べて見てみると、どことなく自分のは浮いてるような気がします...嬉しいから俺はいいんですけど。ちなみに応募総数は6,849、89ヶ国からのエントリーがあったそうです。多いなぁ。カテゴリはProとNon-Pro合わせて60ですから、その分のGold Awardがあるとして、そう考えると結構いいの倍率だなと。残念ながら賞金とか賞品とか、そういった類の何かは貰えなさそうですけど。これからも特に変わらず変えず、慢心せず、粛々と悶々と撮り続けたいと思っとります。ありがとうございました。

SPECTRAL ISSUE II に掲載されています by yota yoshida

やったぜ

DSCF8709.JPG
DSCF8714.JPG
DSCF8710.JPG
DSCF8716.JPG
DSCF8711.JPG

スペインのSpectral Issueに掲載されています。ありがとうございます。どういう雑誌なのかあんまりわからないままオファーを受けたんですが、届いた本の中身を見てみると、結構ファッション寄りの印象が強くて、自分の写真はちょっと場違いなんじゃなかろうかという気がしないでもないです。まぁ、同じテイストばっかりだとあれだしこういうのも入れておくか、的な扱いなのかも知れません。多分これは独立出版系なんですが、スペイン語圏のi-Dで紹介されてたりするのでそこそこ注目度はあるのかも。わかんないですけど。ちなみに表紙は以下の3パターン用意されていて、自分ちにきたのは一番右のマルチおっぱいおばさんのやつです。そんなこんな。