[Publication] LUEL Magazine の7月号に掲載されました

やったぜ!

韓国のファッション雑誌、LUEL Magazineで2ページ使ってプロジェクトの紹介とインタビューを掲載して頂きました。どうもLUELは日本でいうとMen's Club的なポジションらしいです、なんでそんなおしゃれな雑誌からオファーがきたのかは未だによくわかりませんが...ちなみに今回はストリートフォト特集で3人の写真家を紹介する予定でしたが、エディター曰く、そのうち一人の某氏との連絡が結局つかず、最終的に俺とTaras Bychkoの二人での特集になったようです。さすがに旭日旗や日の丸が写ってる写真は(それがどういう文脈であろうと)お国柄除外されていますが、Lomography Magazineのインタビューでも話をしていた、プロジェクトの最後の一枚のバスの濡れた窓に自分の名前を書く鄭くんについてのエピソードを、今回彼の母国であろう韓国のメディアで紹介できたことを、なんとも感慨深く思っています。ありがとうございました。これがまた何かに繋がるといいなあ。

[Award] Moscow International Foto Awards 2017 / Honorable Mention

やったぜ(画像クリックでリンク先へポン)

そういうわけでPX3に続きMoscowでもHonorable Mentionを頂きました。やはりHonoraブラーたちがかなりいるのでそんなに喜んでもいられない感じではありますが、People部門で人写ってない写真なんか混ぜて出しといて、それでもここに選んでくれたのでそれはそれで有難いなと思っとります。感謝。しかし何で俺はそんなセレクトをしたんだろう...何も考えてなかったのかな...ちなみに余談ではありますが、壁に半分埋まってる広告兄さんは現セレクトからは外れています。お気に入りですけどプロジェクトの主旨からは外れてますしね。そんなこんな。

[Publication] 100 Great Street Photographsの店頭在庫情報

ようこそ日本へ!

新宿紀伊国屋の本店に1冊、中身が確認できる状態で置いてあるそうです。中身を確認してから買いたい人、どんなもんじゃろかと興味だけはあるけど買うかどうかわからない人、是非とも一度手に取って100人100枚のグレートな写真を見ていただければと思います。(Shinさん、写真と情報のご提供ありがとうございました)

[Featured] Interview by Lomography Magazine "A Conversation with Yota Yoshida on Self, Personal Space, and Photography"

やったぜ!!!(画像をクリックしたら記事に飛びます)

先月に特集記事を書いていただいていたLomography Magazineさんですが、その時に予告した通り、インタビュー記事が公開されています。記事の内容も今まで話したことがないことや、ごく個人的なこと、あるいは自分の思想的なことなどなど、結構突っ込んだ内容になっていると思います。特にプロジェクトの最後の写真のエピソードに関して、こういう形で話ができたのは良かったかなと思います。英語が苦手な方もGoogle翻訳に突っ込んで読んで頂ければより嬉しいです。なんだか写真もふんだんに使って紹介頂いていて...こんな素晴らしい機会を与えてくれたエディターのCielには感謝しかないです。ありがとう!

[Exhibition] Photography on a Postcard 2017

やったぜ!(画像クリックでサイトに飛びます)

C型肝炎の資金調達をやっているArt on a PostcardがPhotographyをテーマにしてポストカードのチャリティ販売をするので、それに参加してほしいというお誘いを受けました。具体的には200の写真を募って審査し、それをポストカード化して、10月にロンドンのtheprintspace Galleryで展示するとのことです。自分は招待写真家?としてすでに4枚の写真を提供しています。 しかし、一緒に招待されているのがMagnumのMartin Parr, 今をときめくDougie Wallace, ブリュッセルで俺に審査員賞くれたPaul Russel, インパブのPeter Kool, 日本代表Shinさん, David Hoffman御大などなど...本当にめちゃくちゃ素晴らしい凄い写真家ばかりで、それが嬉しい反面、大変恐縮でもあります...このリストに加えていただくにはまだまだ未熟だと自分が一番よく分かっているので、日々精進せんといかんなと改めて思っとる次第でございます。そんなこんな。