c-Typeに掲載されています by yota yoshida

タイのストリートフォトグラファー、Akkaraマンが運営するc-Typeでプロジェクトを紹介して頂きました。写真のセレクトは全部渡してのお任せにしたんですが、さすがのチョイス。ありがとうございました。

GUP Magazineで紹介されています by yota yoshida

俺がいつも勝手にグッピーと頭の中で呼んでいるGUP Magazineさんからこの度ご連絡があり、プロジェクトを紹介していただきました。ちなみにGUPはGuide to Unique Photographyの略だそうです。自分がステートメントでうまいこと書けてないところを補うように、エディターの方が紹介文を書いてくれてて嬉しい限り。ありがとうございました。

Photography on a Postcard at Photo London by yota yoshida

去年もゲスト参加したC型肝炎チャリティのArt on a Postcardの写真版、Photography on a Postcardにまたまた招待されたので、今回は2枚の写真を提供しました。俺の無名度に比べると他の写真家は相変わらず豪華で、MagnumのBruce Gilden, Mark Power, Alec Sothをはじめ、他にはDavid HoffmanやDougie Wallaceなどが参加しています。また日本人で(俺が一方的に)知ってる人だと、山谷祐介さんや小原一馬さんがいます。前回はPrintspace Galleryという普通の(それでもやや大きめの)ギャラリーだったんですが、今回は世界的な写真イベントの一つでもあるPhoto Londonでの開催なので、展示場所はサマセットハウス!です、やったぜ。前述の通りチャリティイベントですし、写真も1エディションで署名付き(実際に署名用紙が送られてきて、それにサインして返送しました)なので、1枚55ポンド-約8,000円と、絵葉書サイズにしてはやや高額ですが、少しでもそれが多く売れて、収益が困ってる人の役に立てばええなと思っとります。ちなみにPhotography on a Postcard at Photo Londonのサイトでは、匿名で全写真が紹介されているんですが、その写真一覧の約350枚の中で先着順なのか何なのかよく解りませんが、俺のはカードNo.1とNo.2になってました。まあ色々な写真が載っていますので、是非見てみてください。あとこれは塩釜でも感じたことですが、SNSのような一見開けているけどれど閉じている環境に長い事身を置いていると、無意識のうちに自分が興味のある写真しか見ないようになってしまうんですが、でもこういうところで様々なスタイルの写真を眺めていると、改めて写真の多様性というか、懐の広さというか、そんなわけのわからなさに気付かされます。とかなんとか。

ここ最近の出来事 by yota yoshida

どうもご無沙汰しています。みなさんお元気でしょうか、私は元気です。以下、簡単にここ最近の出来事をプレイバック。

Phases Magazineへの掲載。ありがとうございました。

Don't Take PicturesのPhoto of the Dayに選んで頂きました。あざっす。

スクリーンショット 2018-04-02 22.32.30.png

Der Greifで、"Social Interaction"のテーマのもと、Nadine Wietlisbachにセレクトしてもらいました。おっすおっす。

Alghero Street Photography Awardsのストリート写真部門でセミファイナリストに選出されました。やったぜ。

と、いう具合です。塩竈のポートフォリオレビューに行った話もいずれ気が向いたら書きたいと思ってます。

Invescoの社内新聞に写真を提供しました by yota yoshida

やったぜ。

IMG_1341[4].jpg

かなり有名な投資会社なので、名前を聞いたことがある人もいるんじゃないでしょうか。世界20ヶ国以上で活動し、9736億ドルの資産を運用し、7000人以上の従業員を抱える(らしい)Invescoさんです。その社内新聞を作成する外部のデザイン会社よりオファーがあり、今回写真を提供することとなりました。依頼を受けていたのがこの写真だけに、ネガティブな文脈で使われるんじゃないかと少し心配していましたが、"Giappone, tra bouna teoria e bouna paratica" = 「日本、良い理論と良い実践の間」というタイトルだったので少し安心しました。本文読んでないけど。ちなみになんでイタリア語かというと、この社内新聞はInvesco全体のものではなく、イタリーとエゲレスを中心に4000部以上関係者に配られるものだからです。また、ありがたいことに今回はお気持ちばかりのギャラも頂いたので、これでようやく家族に白いご飯を食べさせることができます。まだ振り込まれてないけど。そんなこんな。