An Imaginary Spaniard / Cristobal Hara

 An Imaginary Spaniard /  Cristobal Hara - 2016 #5

Shinさん宅にお邪魔した際にオススメされ、帰りの電車でどこで買うか漁り、家に帰ってすぐに注文した一冊。国内だと中古市場でも7000円くらいの値がついていて、品薄なのか結構高騰してんだなと思ってたけど、版元のSteidlにまだスペイン語版の在庫があるやん!それも送料込みで25ユーロだから3000円弱、買わない理由はない、ということで即注文。困ったときの版元、これテストに出るね。梱包も割と丁寧だったし、到着も発送メールから5日くらいで大変満足だった、ありがとうSteidlさん。中身は小さな町の中のお祭りを中心としたストリートフォト、ということになるのかな。表現としてはかなりストレートでかつインパクトもあるけれど、インターネッツに溢れる表面的なインパクトだけの写真ではなく、撮る人そのものの生活に根付くものがある。形式的なお祭りの中での生や死と、実際の生や死が並列に織り込まれているのも面白い。以前は写真に映っているものが全てだと考えていたところがあった。その考えはここ最近で変わったけれど、その考えの変化に一押しをしてくれるような、良い写真集だった。