"Missing Links" on iGNANT Magazine

iGNANT MagazineにPhoto set "Missing Links"が掲載されている。ちなみにiGNANT Magazineは、作品提出用にSubmissionsという応募フォーム用意していて、応募後に掲載許可が降りるとその作品はSubmissionsカテゴリに並ぶ。写真は6枚までなので、今回は新たにそれ用のセットを用意して応募してみた。ステートメントも必要だけど、そこまでしっかりしたものを用意する必要も無さそう。一応自分の中で並べて欲しい順番があったので、ファイル名にわかりやすいように番号を振ったが、見事に無視された。意地悪。なので、どの順番で見ても良い組写真で応募したほうが良いだろう。前述の通り、所詮応募フォームから通ってもSubmissionsカテゴリでしかないので、いつかはPhotographyカテゴリに載りたいなとは思うけど、ここっていわゆるコンセプチュアルなものばかりだし、きっと難しいだろうな。そもそも見ている人もアートよりの目であるなら、自分の今回の写真もそういう目で見られる可能性は大いにある訳で、それはそれで本意ではないし。いや、誰が見てどう感じようといいんだけど、そうは取られたくないという方向性はやっぱり回避できるなら回避したほうがいいと思う訳で。応募するにしても、もうちょっと色々考えなイカンと思った次第。

ちなみに、Aboutを更新したついでに、Street Photographerをとうとう名乗った。わざわざ報告する事でもないけど。以前は、自分自身を何かに定義することでその枠を狭めてしまうんじゃないかとか思っていたけれど、今の自分のスタイルは紛れもなくそれだし、決意というか看板担いで土俵上がって戦わんといかんよなと。ただ相変わらずStreetの定義については言語化できずにモヤモヤしているけれど。そんなこんな。