35歳になって気付いたもう出せない国内コンペ一覧

海外ばっか出してたんで国内のにも出してみようかなと思って色々調べてたんですが、「どいつもこいつも年齢で区切りすぎだろ」「ふさふさでツヤツヤで腹のたるんでないヤツにしか撮れない写真があるのかよ」「若いっていうアドバンテージ使うタイミングしくった」みたいな呪詛じみた言葉が口からどんどん出るくらいに、募集要項欄に燦然と輝く35歳以下という年齢制限を味わいました。俺と同じ過ちを繰り返さないためにも、若い人は若いうちにさっさとこういうのに出して羽ばたいてください。というわけで35歳以下と指定しているコンペをちょっくらまとめます。賞とかコンペとか混じってますけど、細かいことはいいス。俺はもうどうせ出せないし。

 

1_WALL

主催はリクルート、旧ひとつぼ展。審査員は飯沢耕太郎、鈴木理策(敬称略)など。第16回は来年一月なので俺も出そうと思えばギリギリ出せます。写真部門とグラフィック部門があって、ポートフォリオ審査・二次審査・グループ展・公開最終審査の4段階を経てグランプリが決まります。賞金は無いみたいだけど、10万円の補助金とガーディアンガーデンというギャラリー?で個展が開催できる、というのが特典みたい。よく知らんので適当なことしか言えないけど、展示に対するヴィジョンとかプレゼン能力、あとは公開最終審査で辛辣なことを言われても耐えれるメンタルとかが必要そうな感じ。大変そう。

 

Juna21

主催はニコン、選考委員は土田ヒロミ・大島洋・伊藤俊治・北島敬三・長島有里枝。コンペっていうか展示公募だけど。ちなみにここも出そうと思えばまだギリギリ出せる感。募集は年中やってて、年間にするとだいたい20人弱が選ばれてるのかな。新宿と大阪のニコンサロンで展示をやることになるので、事前にある程度の展示プランとそれに関する費用の試算はしておきたいところ。出す前に事前にポートフォリオレビュー受けような、と大島センセも言っておられた。ちなみに年間を通しての優秀作品には三木淳賞が与えられます。

 

清里フォトミュージアム・ヤングポートフォリオ

審査員は張 照堂・北島敬三・細江英公。作品の購入と展示、グランプリみたいなのは無いっぽい。作品をそれなりのお値段で美術館が購入してくれるらしい。応募は有料で2-3000円、なぜか海外は$15という優待ぶりは笑うところなのかな...選ばれてる人を見ると知ってる名前もあるので、そう簡単ではないと思う。出しておきたかったなあ。

 

名取洋之助写真賞

審査員は特に固定メンバーではないみたい。「時代を捉える鋭い眼差しと豊かな感性による、斬新な作品を期待します」だそうです。名取賞受賞者は賞金30万円と写真集制作、奨励賞は10万円。東京と大阪で写真展が出来るそう。

 

あれ、思ったよりも少ない。もっとあった気がするんだけどな。他にもあったらこっそり教えて下さい。あとは上野彦馬賞もかと思ってたけど、これは39歳まで引き上げられてた。今のところ出すつもりはないけど。あとは年齢関係無いけど、ギャラリー閉めるのでフォトプレミオももう出せない。このくらいかな。ヤングポートフォリオあたりは出しておきたかったけど、気付いたら終わってた。よくよく考えたらなんで俺にはなんのメリットもないことを書いているんだろうな、さっさと寝てしまおう。