/ by yota yoshida

予約していたタクシーで駅まで向かい、新宿を経て日暮里。日暮里からは京成スカイライナーで成田空港まで。チェックインと出国手続きを早めに済ませ、搭乗口付近でだらり。1時間ほど待ちJL873便で上海に向かう。機内では「カメラを止めるな」と「Search」(途中まで)を観た。前者はメタ映画的手法で、そういえば友人の書いたプロットでもこういうのはあったななどと思い出すと色々キツかった。後者はPCの画面上だけで物語が展開していくという演出。続きがとても気になる。上海浦東国際空港からはMaglevに乗り7-8分弱で郊外に到着、そこから地下鉄を二つ乗り継ぐ。Maglevも地下鉄も乗るたびに警察によるX線の手荷物検査があってやや面倒だったが、保安上は安心だろう。今日のお宿にチェックインし、荷物を置いてから上海オフィスに出社。お土産を渡し仕事を片付け、そそくさと退社。日中はまだ暖かかったが夜はかなり冷える。ホテルの隣にあるショッピングモールで夕食でも食べようと思ったが、どの店もVISAやキャッシュが使えず、ユニオンペイかアプリを出せと言われる。店員は現地語しか話せない。自分の顔が顔だけに中国人と思われて話かけられるが、英語で返事をすると変な顔をされる。日本も以前はこうだったのかもしれないと思いつつ、キャッシュレスの行き着く先は旅行者に厳しい市場だなと肌で感じる。仕方がないのでホテルで炒飯と春巻をルームサービスしてもらうも、お世辞にも美味しいとは言えるものではなかった。風呂に浸かって早々に床に着く。