人間ドックの季節だ。ウンコを二日に渡ってせっせと採取したり、自分の健康に関する申告書を何枚も書いて提出するあれだ。同じ病院なのになんで何枚も自分の名前を書かないといけないのかと毎度うんざりするんだけど、いやそれよりも何よりも、自分が書いた字がミミズのようにうねってしまって、それを後で見るのがとてもしんどい。書かないでいいならもう一生書きたくないってくらいに字を書くのが嫌いボーイだ。そういえば一度サインを求められた時に、真面目に書いたつもりがひょろひょろっとした病気のような字で書いてしまって大変申し訳ない思いをした。その字を見た他の人が「アラーキーみたいな字ですね」と言っていて、荒木は好きじゃないけど、その時は少し親近感を覚えたのを今思い出した。(326字)