いつもよりやや遅めの起床。朝食はトーストとスクランブルエッグと昨夜の蒸し野菜。娘を園に送ってから出社。この涼しい日々はいつまで続くのか。このまま秋になって欲しいと願ってはいるが、そうは問屋は卸さないだろう。仕事はゆるゆる。昼食はおにぎりとサラダと鶏胸肉。午後は来客やミーティングをこなす。帰り道で「ボルヘス怪奇譚集」を読み終わる。面白かったのかどうかよくわからないが、何かと引っかかることが多く、いつでも読めるよう手元に置きたいと思った。夕食は鮪の漬け丼と味噌汁、昨日吉祥寺で買った地鶏炭火焼など。美味しかった。Alec SothのNiagaraが英国より届いていたのでぱらりと眺めるが、いまいち響かず。というのも、ここ最近は映画や本や写真を観てもほとんど心が動かされるようなことがない。少しもやもやとした不安だけがある。そういうことを考えつつテラハを観て寝る。