/ by yota yoshida

宇多田ヒカルの”初恋”をいまさらながらヘビーにローテーションしている。彼女には常にマスとコアが共存しているが、今作はよりそのコアが強く、歌詞は前作よりさらに個人的なものへと向かっているように感じたし、そこに強く共感した。「あなた」「初恋」「誓い」の流れは特に素晴らしい。何度でも聴きたい。