/ by yota yoshida

午前は自宅で仕事をこなし、昼食を軽く食べた後、午後2時ごろに家を出る。JRを乗り継いで日暮里から京成スカイライナー。成田着後、早めにチェックインし出国手続きも済ませる。恒例のマッサージチェアに座ったり、だらだらとインターネットで時間を潰す。ロサンゼルス国際空港までは約9時間のフライト。初のアメリカン航空だったので、アメリカンサイズのおっさんが両隣だったら嫌だなと戦々恐々としていたが、日系の若い男女で少し安心した。機内ではファーストマン、ボヘミアンラプソディを観る。前者の淡々とした演出が良かった。後者はそれほど面白いとは思えず。プロットの類似性という面でStraight Outta Comptonと比較されるべきだろう。グリーンブックも観たかったが、日本語はなし。機内プログラムのほとんどが日本語対応されていなかったのはやや残念だった。機内では1-2時間しか寝れず。しかし食事はしっかり取る。定刻より一時間早くロスに着く。入国審査は難なく通過。荷物をピックアップ後、乗り換えのためまた荷物を預け、保安検査場を通過する。お腹も空いていないのでだらだらと過ごすも、とても暑い。気温を見ると26度。完全に夏ですどうもありがとうございました。次なるフライトが3:50で10分前から搭乗開始となっていたのでのんびりゲートに向かうと、どうも自分が最後の乗客だったらしく、来るのが遅いだの何だのと小言を言われる。よくよく話を聞くとどうもオーバーブッキングだったようで、俺が来ないと思って人を入れてしまったとのこと。仕方なくCAが座る予定だったシートを使うが、そのCAはトイレ前の地べたに座っていて申し訳なく思った。飛行機は2×2の小さなボンバルディア機で、揺れるし変な音がするしで怖かったので、ひたすら中村佳穂の”AINOU”を爆音で聴いて気を紛らわせる。約2時間のフライトでソルトレイクシティに着。遠目に雄大なロッキー山脈が見え、さながらアメリカンな富山だと感じる。Uberでホテルまで移動し、約20時間の移動がようやく終わる。外に食べに出る気力なかったので、Uber Eats でPanda Expressを注文し食す。肉とエビは美味いが、チャーハンと焼きそばはパサパサでつらかった。とてもMサイズとは思えないドクペで無理矢理流し込む。その後、風呂に入ってそそくさと寝る。