/ by yota yoshida

出社一日目。カリフォルニア人の朝は早く、8時ごろにはほとんどの人が出社している。各部門の担当者やマネージャ、ディレクターと大ボスなどに挨拶をする。日頃やり取りしている彼らと久しぶりに顔を合わせることが出来るのは嬉しいし、何よりいつもポジティブに歓迎してくれるのが有難い。ここ半年ほど一緒に仕事をしてきたインド人と初めて顔を合わせた。気さくでにこやかでいい奴そうだった。彼が去ったあと、彼のマネージャから「彼は今週末で契約が終わるから、来週からはこの二人が日本をサポートする」とまた別のインド人を紹介される。サポートが手厚くなるのは嬉しいが、契約が解除される彼のことが少し引っかかった。自分は今日と明日しか出社しないので、終日ミーティング。ランチも別の担当とボスを交えて世間話だが、当然ほとんどが仕事の話だった。午後もミーティング。5時にはオフィスからほとんど人は消えてしまうが、結局6時過ぎまで働いていた。アウトレットでお土産を買い、美味しいメキシカンを食べ、トレーダージョーでオーガニックのジャムやらサルサソースやらを買い漁る。翌朝も早いのでホテルに戻り早々に寝る。夜中に目が覚め、契約が切られる彼のことをふと思い出した。