/ by yota yoshida

書くことがないわけではなく、別に何も書かないでいいやという気がずっと続いている。映画を見ても、ドラマを見ても、ライブを見ても、「なんか良かった」くらいの感想しか浮かばず、心がどんどんシワシワのヨボヨボになっているように感じる。通勤時にカメラを出すことも億劫になり、どうせ出さないからとカバンに入れるのもとうとうやめてしまった。人の撮った写真を見ても、以前ほど心を動かされるようなこともない。色々と虚しい。気の利いたことや、知見を披露することもない。またランニングを再開しようかとも思うが、梅雨が終わったかと思うとすぐ猛暑で、その気力も奪われる。何年も生きてきたけど、どうしても夏を好きになれない。

ここ最近はひたすらにイ・ランとButajiを聞いている。「なんか良かった」の中でも特に良い。