Photobook

去年買った写真集リスト by yota yoshida

去年はベスト3だったので、今年もとりあえずベスト3。個別での順位、感想はなし。

DSCF8691.JPG

SLEEPING BY THE MISSISSIPPI(2004) - Alec Soth

Animals(1969) - Garry Winogrand

Pictures From Home(1992) - Larry Sultan

購入したものは以下の通り。去年は一昨年に比べたら少なかったです。
El porqué de las naranjas / Ricardo Cases
Provisional Arrangement / Martin Kollar
SLEEPING BY THE MISSISSIPPI / Alec Soth
Animals / Garry Winogrand
Trace of Fog / Yuki Abe
Evidence / Larry Sultan and Mike Mandel
Pictures From Home / Larry Sultan
The Yellow River / Zhang Kechun
ZZYZX / Gregory Halpern
European Eyes on Japan/Japan Today vol.16 / Alexander Gronsky & Nina Korhonen
Fluffy Clouds / Jurgen Nefzger

偏っているようで偏っていない気がします。なんとなくですが、少しずつ好みが変わってきているのかもしれません。何かオススメの写真集があればTwitterなり何なりでこっそり教えていただければ嬉しいです。日本の写真集をあまり買わないのは、好みの問題もありますが、単純にあまり知らないというのもありますので。あと、どこで写真集を買っているのか聞かれることがたまにあるんですが、そういう需要があればそういう記事を書くのもありかななんて思っています。需要はないかもしれないですけど。写真集に限らず、今年はもう少し本を読むようにしたいです。去年もそのつもりだったんですが、後半はあまり読まなくなってしまったので。そんなこんな。

SLEEPING BY THE MISSISSIPPI / Alec Soth by yota yoshida

#21 SLEEPING BY THE MISSISSIPPI / Alec Soth

DSCF8693.JPG
DSCF8697.JPG
DSCF8698.JPG
DSCF8703.JPG
昔からベッドが大好きで、子供の頃、私のベッドは宇宙船でした。安全に夢や空想の世界を探検できる場所です。 幼少期はひとりで過ごすことが多く、空想の世界を創り出し、要塞や架空の友達を思い描いていました。頭のなかに豊かな世界を思い描いていたのです。一般的に写真とは、自分の外にある世界を写し出すものですが、そこに私の内なる世界を写しこませようとしています。だからこそ、プロジェクトのタイトルを『SLEEPING BY THE MISSISSIPPI』にしました。それは、外側の世界であると同時に、私のなかにある夢の世界を表しているのです Alec Soth

発売前から予約していたので、手に入れてから数ヶ月経ってしまいました。何度か見返してはいますが、まだ言葉にそれを落とし込めそうにありません。

Trace of Fog / Yu-ki Abe by yota yoshida

#19 Trace of Fog / Yuki Abe

DSCF6594.JPG
DSCF6596.JPG
DSCF6597.JPG
DSCF6598.JPG
DSCF6599.JPG
DSCF6600.JPG

「新しき家」で第17回三木淳賞を受賞した阿部さんの「霧のあと」のZineです。俺は新宿ニコンサロンで「新しき家」、銀座ニコンサロンで「霧のあと」を見て、それぞれの写真にもやられたんですが、なによりその構成力に圧倒されました。確かそのとき「すげえ良かった!」みたいなことをツイッターか何かに書いた気がします(探したけど見つかんないんでちゃんとブログにでも書けば良かった)んで、ここ最近ちょっとした縁があってお会いすることとなり、色々とお話したりしたんですが、その後日、表参道のSpace Jingでの彼の個展でこのZineを購入したという次第です。分類するならばランドスケープなんでしょうが、一般的なそれとはちょっと違うタイプの絵画性というか、ブリューゲルの「雪の中の狩人」のような俯瞰的物語性を持っていたり、視覚的な「美しさ」にとどまらないスペクタクルでエンタテイメントなものも兼ね備えていて、とても面白いです。でも彼の写真は大きいサイズで見たほうが色々と発見があると個人的には思うので(もちろんこのZineも良いですが)、ぜひ個展でそれを確認して欲しいなと思います。ちなみに「霧のあと」の「あと」はTraceのほうの「あと」だったんですね、ずっとAfterのほうだと思ってました...ははは、すみません。

Evidence / Larry Sultan and Mike Mandel by yota yoshida

#18 Evidence / Larry Sultan and Mike Mandel

DSCF6622.JPG
DSCF6627.JPG
DSCF6630.JPG

1977年に初版が出て、2004年に少し手を加えて復刻され、その2004年版が今回は2017年版として再販されました。初回の版数が少なかったのか、今でもほとんどのサイトでBack Order状態なんですが、俺は探し回って結局Amazon.comで買いました。40ドルだったんで、送料込みでも恐らく最安値です。まだ在庫あるみたいだし欲しい人はそこから買うといいんじゃないでしょうか。Amazon.co.jpのマーケットプレイスで3万円なんて法外な値段で出してる人いますけど、悪い冗談ですね。んなことはいいとして、いろんな記録資料の写真を集め、それぞれの文脈から切り離して並べた写真が、どうしてこんなにスリリングで面白いのか。それが無意識なのか意識的なのかわかりませんが、左右に並べられた写真、あるいはページを開くたびにその「共通点」や「流れ」、あるいは「意図」を推測し、何かしらのイメージを持ってしまうというのは、いかに俺らが「写真」を見ていないかを認識させているようで、見れば見るほど「わからなく」なります。でもその「わからなさ」もまた心地よく、時間を置いて見るたびにその印象が変わる不思議な写真集だと思います。