by yota yoshida

娘のランドセルを見に合同展示会へ行く。様々な色や柄、デザインのランドセルが並んでいて、自分の頃との違いを感じる。値段は相変わらず高いが、そういうものなのだろう。また、教科書を何冊も毎日持って行き持って帰りとするのも変わらないのだろう。 

セックスエデュケーションを観終わる。オーティスとメイヴの関係性が何とも良い。

The Friend of Ringo Ishikawaをクリアする。素晴らしい台詞の数々、そしてエンディング。いい意味で二週目をやることはないだろうと思う。ただフラグ管理が破綻したようで、無駄に日数を消費する作業が辛かった。

by yota yoshida

自分の写真で、他人が良いと言ってくれるものと自分が面白いと思うものの差がここ最近益々広がっているのを感じる。

by yota yoshida

帰国日。午前5時に起き、これから帰る旨を海の向こうにいる家族に伝える。オンラインでホテルのチェックアウトを済ませ、Uberを呼び、ロサンゼルス国際空港まで約2時間のドライブ。感じが良く運転もセーフティなドライバーで安心する。ローマに16年住んでいたとか、ワインソムリエの資格を持っているとか色々な話をした。かなり早く出たものの、LA恒例の渋滞に捕まり、ドライバーの唐突なおしっこ漏れそう宣言もスタバ立ち寄りで難なく回避しつつ、何だかんだで予定より30分ほど遅く到着した。最後にIn-N-Outを食べたかったが、昨日もバーガーだったので胃を心配し諦める。スーツケースを預ける際に3ポンドオーバーだよと言われ、ポンドキロ換算できずにややテンパるも、適当に重そうなものを手荷物に切り替え事なきを得た。保安検査も特に問題なし。USは出国審査が全くないので、いつも検査後「え?いいの?」って感じになってしまう。そこいらの店でエッグベネディクトを食す。そこそこ美味しかった。帰りの飛行機の座席も3人掛けの真ん中。左に巨漢のアメリカ人男性、右が日本人女性、後ろがホームステイ帰りの女子中学生軍団という布陣。左側がとにかく汗臭く、後ろは騒がしいしでこれまでのワーストフライトを更新した。機内ではNetflixで麻薬王、機内プログラムでドリームと万引き家族を観る。麻薬王は良く出来た二時間ドラマ、ドリームはタイトル以外は素晴らしく、万引き家族は大変良かった。1-2時間ほど仮眠し成田着。西海岸に比べると流石に寒い。スカイライナーとJRを乗り継いで帰宅。家族と久しぶりの再会果たす。日本食は美味い。溜まった洗濯物と格闘し、気絶するよう眠る。長い一日が終わった。

by yota yoshida

出社二日目。カリフォルニア人の朝はより早い。朝の八時からインドとミーティング。あっちが何時かさえも分からず。二日間で可能な限りのミーティングを詰め込んでいるのでミーティング、ランチミーティング、ミーティング、ミーティング、ミーティングの一日。疲労困憊する。夕方になると日本の方々が働き始め、やれメールだスカイプだと色々な依頼が飛んでくる。一通りそれらをやっつけ、ボスと合流してダイナーで夕食。カロリーはアメリカンだったが美味しかった。ターゲット寄ったが何も買わず。荷造りをして寝る。

by yota yoshida

出社一日目。カリフォルニア人の朝は早く、8時ごろにはほとんどの人が出社している。各部門の担当者やマネージャ、ディレクターと大ボスなどに挨拶をする。日頃やり取りしている彼らと久しぶりに顔を合わせることが出来るのは嬉しいし、何よりいつもポジティブに歓迎してくれるのが有難い。ここ半年ほど一緒に仕事をしてきたインド人と初めて顔を合わせた。気さくでにこやかでいい奴そうだった。彼が去ったあと、彼のマネージャから「彼は今週末で契約が終わるから、来週からはこの二人が日本をサポートする」とまた別のインド人を紹介される。サポートが手厚くなるのは嬉しいが、契約が解除される彼のことが少し引っかかった。自分は今日と明日しか出社しないので、終日ミーティング。ランチも別の担当とボスを交えて世間話だが、当然ほとんどが仕事の話だった。午後もミーティング。5時にはオフィスからほとんど人は消えてしまうが、結局6時過ぎまで働いていた。アウトレットでお土産を買い、美味しいメキシカンを食べ、トレーダージョーでオーガニックのジャムやらサルサソースやらを買い漁る。翌朝も早いのでホテルに戻り早々に寝る。夜中に目が覚め、契約が切られる彼のことをふと思い出した。