Other

川の様子を見に行く by yota yoshida

DSCF7022.jpg

9月3日、写真家の百頭たけしさんと王子の古本屋のコ本やによるワークショップ「川の様子を見に行く」が企画されていたので、自分は前々から百頭さんの写真に惹かれていたし、いい機会だと思いに参加してきました。ちなみにちょうどその期間、百頭さんはコ本やで「カイポンする/我蓋朋」という個展を開催されていたので、事前に見てもいました。ワークショップと言っても、百頭さんとコ本やのだつおさん引率のもと、東京都のバニシングポイントである西高島平から、埼玉の和光へと越境し、産廃業者の職場を見学したり、文字通り川の様子をみたり、山田うどんを食べたりするという、いわゆる金銭のトレードオフとして知識や技術を与えるような「ワークショップ」ではなく、普段百頭さんがどういうところを見て撮っているのかという実地研修のような感じでした(参加するまえからわかっていましたけど) 西高島平や和光は、普段自分があまり行かないようなところではあったんですが、いつもは都市の内側で撮っている人間が「都市の建設で出た産廃が集まる場所」へ意識的に足を向け、そこを撮ることで、思いの外、ワークショップのあとも色々と考えさせられました。他の方々も気さくな方ばかりでしたし、参加して本当に良かったです。なんでもこうやって機会をみつけては飛び込むべきですね。今回はその時に撮った写真をギャラリー的な場所にまとめておきました。ご興味があればこちらよりご覧くださいまし。

 

Singles by yota yoshida

プロジェクトとは別に、特に厳選されることもなく、並び順を気にすることもなく、時系列でばらばらと単写真を上げています。せっかくなので、ここがコンテンツ的に一番充実してないと、って感じでいつかやらないとなーと思いつつ、面倒だったたので結局一年近く放置してしていました。無精ですみません。お時間がある時にどうぞ見てあげたって下さい。

http://www.yotayoshida.com/singles-2015/

http://www.yotayoshida.com/singles-2016/

新しいプロジェクトについて by yota yoshida

書こう書こうと思っていたら風邪を引き、かといって寝込んでいるわけにもいかず、仕事して帰って早く寝てを繰り返していたら一週間が経ってしまった。そのうちに書こうと思っていたことも忘れ、でも何か書いておこうと思ったのでこうして記事をしたためているわけだ。

ちょっと色々思うところがあって、"from somewhere, to elsewhere" というプロジェクトを作った。思うところの核心について話すつもりはないけれど、今までのDaydreamDis-Communicationのようなプロジェクトとは違い、それぞれの写真に何らかの共通点があるようなものにはしたくなかった。あと、出来のいい写真をただ並べるだけのプロジェクトにもしたくなかった。自分の一つの決意というか、指針というか、輪郭というか、ちょっと簡単に言葉にはしたくないけれど、これから先、このテーマにフィットするような写真を撮ることが出来たときに、新たにそっと添えることが出来るような、少しずつ作り上げていけるような、そんなプロジェクトであればいいな、と思っている。ご感想やご意見、また批判などがあれば、Twitterでのリプライでも投稿欄でもFBのメッセージでも頂けると嬉しいです。どうぞよろしく。

Street & Repeat - 105 Instruction #25 "Find a Communication" by yota yoshida

Street & Repeat - 105 というFlickrグループがありまして、内容はStreet Photography Now Communityのように、お題を決めてそれに沿って一定期間内に写真を撮るというグループなのですが、そのStreet & repeat -105のInstruction #25において、福井代表、いや日本代表のStreet Photographer であるRyosuke Takamura氏がこの度プレゼンターを努めてらっしゃいます。お題は"Find a Communication"、人と植物だったり、オブジェクトとオブジェクトだったり、Streetにおける様々な形のコミュニケーションを見つけろってことだと思います。有り難いことに自分の写真もその一例として使って頂いていますが、蒼々たる例の顔ぶれに若干恐縮しております...ちなみにこのグループは参加が承認制なので自分は入ってないのですが、これから先こっそりとpostされる写真を眺めたいと思います。